苺ハナコの毛穴のススメ。

【毛穴ケアBEST版】黒ずみ・汚れ・開きの原因と改善策3選!~毛穴レス女子への道~

投稿日 2018.06.27
更新日 2019.04.01
【毛穴ケアBEST版】黒ずみ・汚れ・開きの原因と改善策3選!~毛穴レス女子への道~

こんにちは!美容ライターの苺ハナコです。

毛穴の悩みといえば、女性が抱える肌の悩みBEST3に常にランクイン!

なかでもブツブツ…ざらざら…小鼻出現する毛穴詰まりに悩まされている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

  • 名前
    苺ハナコ

    そこで本記事では毛穴詰まりの正しい解消方法を紹介するため、毛穴汚れによる黒ずみ・毛穴開きの原因と治し方をまとめてみました!

    ぜひ参考にされてみてくださいね!

 

Contents

そもそも、毛穴詰まりの原因って?

そもそも毛穴の中に詰まっている物質の正体は、誰でも1度は聞いたことのあるであろう“”。

角栓は白くニョロニョロとした見た目で、毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂と古い角質が混ざりあう事によってできます。

 

皮脂と角質が混ざり合うと角栓になる

 

ターンオーバーサイクルが乱れると毛穴詰まりが起きる

毛嫌いされがちな角栓ですが、実は誰にでも必ずできるもの。ですが、本来であればターンオーバーサイクル(肌の生まれ変わり周期)に合わせて綺麗に排出されるためそこまで目立つことはありません。

しかしターンオーバーサイクルが乱れてしまうと角栓がきちんと排出されなくなってしまい、毛穴の奥に入りこんだままに。すると、毛穴詰まりが起きてしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れてしまう原因とは?

ターンオーバーサイクルが乱れてしまう原因は、主に3つあります。

 

(1)メイク残り

クレンジングや洗顔のステップでメイクが残ってしまうと、汚れがそのまま角質となり蓄積。角質は肌にとっては不要なものなので、蓄積される続けると肌に負担がかかってしまいます。すると、肌の機能が正常に働かなくなってしまいターンオーバー乱れの原因に。

 

(2)皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰に分泌されると皮脂は酸化し、肌にダメージを与える物質に変質します。すると肌が常にダメージを受け続ける状態になってしまうため、肌のバリア機能が破壊されターンオーバーが乱れてしまう原因に。

皮脂の過剰分泌の原因は様々ありますが、もとから脂性肌(オイリー肌)の方だけでなく、生活習慣の乱れ・ストレスなどによるホルモンバランスの崩れ、肌の過剰洗浄によるダメージによって起きてしまうと言われています。

 

(3)乾燥

肌が乾燥して皮膚が硬くなると、毛穴に柔軟性が無くなってしまいます。すると汚れが排出されず鼻や頬の毛穴に皮脂や角質がどんどん溜まっていく状態になり、ターンオーバーが上手くいかなくなってしまいます。

また肌が乾燥すると潤そうとする肌のバリア機能が働き、皮脂が過剰分泌されます。すると(2)で書いたように、肌が常にダメージを受け続けてしまう状態になり、皮脂の過剰分泌とも結びつくのです。

 

そして、これらの原因は全て角栓のもとである皮脂と角質の原因でもあります。

原因が同じであるという事はつまり、「ターンオーバーが乱れた状態」と「角栓が出来やすい状態」はイコールであるということ。

そして、これらの原因がイコールで結ばれているからこそ負のループに陥ってしまい、毛穴詰まりはさらに悪化してひどい毛穴トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

角栓の毛穴詰まりが引き起こす3つの毛穴トラブル

負のループに陥り角栓の毛穴詰まりが悪化すると、主に3つの毛穴トラブルが起きてしまいます。

1・毛穴の黒ずみ(いちご鼻)

毛穴詰まりが原因で起こる毛穴の黒ずみ白い角栓が空気に触れて酸化することで、黒い角栓詰まりになり毛穴が黒ずむ。

2・白ニキビ

毛穴詰まりが原因で起こる白ニキビ角栓により毛穴が塞がれ、菌が溜まり炎症を起こしニキビに。

3・毛穴の開き

毛穴詰まりが原因で起こる毛穴の開き角栓によって毛穴が押し広げられるため毛穴が開く。

このように、毛穴詰まりの悪化は様々な毛穴トラブルのもとであることが分かります。

もしこれらの毛穴トラブルに当てはまるものがひとつでもあれば、それは毛穴詰まりの悪化が一因です。

 

毛穴詰まりを解消するために出来ることは?

毛穴詰まりを解消するためには、ここまで紹介した原因を解決するほかありません。

つまり、ターンオーバーサイクルの乱れを整えること。そしてイコールである「メイク残りを無くし、皮脂の過剰分泌をおさえ、乾燥対策をする」ことが必要です。

そしてそのために出来る対策法は、大きく分けて3つ

 

  • 毛穴詰まりに効果的なスキンケア方法を知る
  • 生活習慣を見直す
  • 美容皮膚科やエステサロンでの治療

 

それではここから項目に分け、ひとつずつ詳しく紹介していきます。

 

毛穴詰まり解消法1・効果的なスキンケア方法

毛穴詰まりを解消するためには、洗浄から保湿まですべてのステップが大切

そしてスキンケアの各ステップには、それぞれ注意するべきポイントがたくさんあります。

 

(1)クレンジングはお肌になるべく負担をかけないで

毛穴詰まりを解消するため、クレンジングではしっかりメイクを落としつつお肌に必要な皮脂を落とし過ぎないことがポイントです。

そしてクレンジングには様々な種類がありますが、自分のメイクの濃さに合わせたクレンジングを選んで使用することが大切です。

メイクの落ちやすさ特徴
オイル
★★★★★
1番よく落ちる
× ものにより界面活性剤が多い
× ものにより刺激が強い
ジェル★★★★☆ メイクオフ力高い
バランスが良い
× ものによりバラつく
クリームオススメ!
★★★☆☆
肌に優しい
バランスが良い
× ものによりバラつく
ミルク
★★☆☆☆
肌に優しい
× メイクオフ力は低い
× 乳化に時間がかかる

 

例えば、日焼け止めやすっぴんパウダー程度しか付けない方は一番肌への負担が少ないミルクタイプ、しっかりメイクをされる方にはオイルタイプがおすすめ。

ただオイルクレンジングを選ぶ際は注意が必要で、必ず肌への負担が少ない植物性油脂が主成分であるものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、植物性油脂だからと「自宅にあるオリーブオイルで落とすことが出来る」なんて口コミも広がっていますが、食用のオリーブオイルには不純物が多く含まれています。肌に大きな負担を掛けてしまうため、絶対に真似してはいけません

また選ぶのに迷った際は、メイク落ちと肌への負担のバランスが取れているクリームやジェルタイプがおすすめですよ。

 

(2)洗顔時は負担を掛けないことが鉄則!

毛穴詰まりを解消するためには、洗顔が1番大切と言っても過言ではありません。そして、いかに肌への刺激をおさえて汚れを除去するかが重要です。

そこで、もし洗顔料を選ぶならクレイ(泥)が入っているものがおすすめ。クレイには毛穴奥の汚れ・余分な皮脂を自然に吸着する働きがあるためです。

また摩擦による刺激を起こさないために『洗顔料の泡立ちの良さ』も洗顔時において非常に大切なポイントになります。そのため、洗顔料を選ぶ際は「泡立ち」「クレイ」をキーワードに洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

 

(3)化粧水と美容液はビタミンC・セラミド入りをチョイス

毛穴詰まり解消・ターンオーバーを正常に戻すための保湿ステップで1番重要なのは、お肌の内側までしっかりと潤いを満たしながら、肌本来の力を引き出してあげること。

そのためには、化粧水や美容液に含まれている成分をしっかり確認することがとても大切です。なかでもオススメな成分はビタミンC誘導体ヒト型セラミドの2つ。

ビタミンC誘導体の効果
  • 角栓の酸化を抑えて黒ずみを未然に防ぐ
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 強い抗酸化作用でエイジングケア
  • 毛穴を引き締める
  • 毛穴の赤みを抑える

関連記事:ビタミンC誘導体で毛穴ケア!欠かせない驚きの効果と商品の選び方

ヒト型セラミドの効果
  • 水分の蒸発を防ぎ、肌のバリア機能を改善
  • シワを抑制、減少させる
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 皮膚の菌のバランスを整える

 

ビタミンC誘導体は毛穴トラブルへのアプローチ力に優れ、ヒト型セラミドは人の肌に存在する成分のため高い浸透力と保湿力を発揮します。

これらの成分を踏まえたうえ、それぞれの特性を活かせるような化粧水と美容液の選び方をまとめてみましたので紹介していきます。

 

化粧水の選び方

化粧水は特性を活かし水溶性で保湿力に優れた成分を配合したアイテムを選ぶようにしましょう。

化粧水のおすすめ成分

  •  水溶性のビタミンC誘導体
    リン酸アスコルビルMg、アスコルビルグルコシドなど
  • ヒアルロン酸
    ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸など
  • コラーゲン類
    水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲンなど
  • アミノ酸類
    グルタミン酸Na、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、リシンなど

また化粧水選びのポイントとして成分表記の最初の方にエタノールが書かれていないかだけは必ずチェックしましょう。エタノールは皮膚刺激の強い成分というだけでなく、肌の水分の蒸発を助長させてしまうという特徴があるためです。

化粧水選びの際は、配合成分と価格のバランスが適度に取れたものを選ぶことがとても大切です。

 

 

美容液の選び方

美容液は成分を高濃度に配合することが出来るため、より効果的な成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

美容液のおすすめ成分

  • 両溶性ビタミンC誘導体
    パルミチン酸3Na(APPS・アプレシエ)、イソステアリングホイールリルアスコルビリン酸2Na(APIS)、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(VC-MG)、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(VC-3LG)
  • 油溶性ビタミンC誘導体
    ステアリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル、テトラへキシルデカン酸アスコルビルなど
  • ヒト型セラミド
    セラミド2、セラミド6、セラミド6Ⅱ
  • ヒアルロン酸
    ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸など

美容液にいたっては、それぞれの成分に特化したアイテムを使い分けるのがおすすめ。

例えば、毛穴の皮脂抑制のためのビタミンC誘導体配合美容液と、乾燥対策のためのヒト型セラミドやヒアルロン酸配合美容液を一緒に使うなどポイントで使い分けると非常に効果的です。

ちなみに、セラミド配合美容液に関しては配合表記に注意が必要

セラミドには、ヒト型だけでなく動物由来や植物由来、またセラミドの構造に似せて作られた疑似セラミドと呼ばれるものまで様々あるため、必ず表記確認をするようにしましょう。

 

(4)乳液・クリームは年齢に合わせて選び、ポイント使い

乳液とクリームの役割は、お肌の油分を補うこと。

違うものとして捉えられがちですが、実は2つの違いはクリームのほうが油分をより多く含んでいるという油分と水分のバランスの違いだけなので、両方合わせて使用しなくてOKです。

それぞれの選び方ですが、皮脂が比較的多く分泌される~30代や脂性肌の方は乳液、40代以降や乾燥肌の方はクリームがチョイスするのがおすすめですよ。

また塗る際は皮脂分泌の多いTゾーン(おでこ・鼻)は少な目、頬や目の下など乾燥しやすいスポットは重ね付けするなど場所によって塗る量を調整するようにしましょう。

 

(5)スペシャルケアの選択を間違えないで!

毛穴詰まりのスペシャルケアにはいくつも種類がありますが、選ぶものによっては逆にお肌に負担をかけてしまうこともあります。

そのため、それぞれの特徴を理解したうえでスペシャルケアを選ぶ事がかなり重要です。

下記に、各スペシャルケアの特徴をまとめてみました。

 

スペシャルケアの種類と特徴

肌への負担レベル特徴
毛穴パック
強:■■■■■
一気に取れる
× 皮膚も同時に傷つく
× 刺激が強すぎる
スクラブ
強:■■■■
表面の角質が取れる
× 粒子が粗く摩擦が起きる
× 皮膚が傷つきやすい

ピーリング

(ゴマージュ)
中:■■■
表面の角質が取れる
 適度な使用はターンオーバー促す
× 皮膚が傷つきやすい
× ものにより刺激が強い

※AHA・パパイン酵素・天然成分など種類によって使用感が異なる

酵素洗顔

中:■■■
1回で効果を感じやすい
 毛穴の奥まで取れる
 適度な使用はターンオーバー促す
× 洗浄力が強い

炭酸パック

弱:■
 肌に優しく低刺激
 血行が良くなる
 敏感肌でも使用可能
 血行が良くなる
× 価格が高いものが多い

 

上記のなかでも、毛穴にかなりの負担がかかる毛穴パックやスクラブは出来れば使用を控え、刺激が強いピーリング(ゴマージュ)や酵素洗顔を使用する場合は使用頻度や自分の肌の状態に気を付けて使用しましょう。

そしてこれらのスペシャルケアのなかで、唯一お肌に負担がかからないのは炭酸パック

炭酸パックには血行促進する働きがあるため、肌の老廃物のデトックスやターンオーバーを正常に戻すサポートなど、内側からの本質的な毛穴詰まり改善にとても効果的です。

 

  • 名前
    苺ハナコ

    このように「スペシャルケア」と言ってもそれぞれに特徴があり、種類もさまざま。そのためスペシャルケアをする際は分の肌状態をチェックしたうえ、肌に本当に必要かどうかを判断し取り入れる事がとても大切なのです!

 

毛穴詰まり解消法2・生活習慣を見直す

それでは次に生活習慣と毛穴詰まりの深い関係、そして生活習慣の見直すべきポイントを3つに分けて紹介していきます。

 

(1)紫外線対策はオールシーズンする習慣をつけて!

紫外線の季節といえば?

そう聞かれたときに「夏」を思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか。その通り、紫外線が一番強いのは初春~夏にかけて。しかし実は、紫外線は日が昇っている限り春夏秋冬常に降り注いでいます

そのため夏だけ紫外線対策をしているという方は要注意!なぜなら紫外線ダメージは常に蓄積されていくもの。紫外線対策をしていない肌の細胞は、気付かぬ間に少しずつ内側から破壊されているのです。

そしてお肌が衰えるとターンオーバーも上手くいかなくなり、毛穴詰まりの原因に。またそれだけでなく、毛穴のシミであるメラニン毛穴の原因にもなってしまいます。

つまり、紫外線対策はオールシーズンする習慣をつけることがとても大切です。

 

紫外線対策

  1. 日焼け止めを塗る
  2. 日差しの強い場所では長袖を着たり、日傘をさす

 

ちなみに、日焼け止めの数値はSPF1=約20分。ひと塗りで意外と時間持ちますが、あくまでSPFは最低限の基準なので小まめに塗り直さなくてはなりません。

PAの+の多さは、一番強力な紫外線を防いでくれる強さを表しています。

こういった基準からも「どちらも高い数値の商品を選べば良いのでは?」と思われがちなのですが、もちろん高い数値にはデメリットも。値が高くなると同時に、肌への負担も比例して大きくなるのです。

そのため、日焼け止めによる紫外線対策は臨機応変に使い分けることが大切。レジャーでは数値が高いものを使用したり、日常生活であれば、SPF20 PA++ほどのものを選ぶなど分けて使用するようにしましょう。

 

 

(2)お金では買えない、“睡眠”という大切なケア方法

Aさん「睡眠はあまり取れないけど、最高級のスキンケア商品を使っています。」

Bさん「睡眠はたっぷりとっているけど、スキンケアはごく普通です。」

例えば上記のような2人がいるとしたら、Bさんの方が圧倒的に毛穴詰まり対策には効果的です。

睡眠中は、お肌の再生のために使われる成長ホルモンが唯一分泌される時間。しかも、お肌の再生が行われているのは睡眠中のみで、最低でも6時間はかかっています。

そのため仮に凄くいいスキンケア商品を使っていたとしても、睡眠がちゃんととれていなければ肌の細胞の修復が上手くされないため、せっかくお肌から吸収した栄養が無駄になってしまいます。

そこで睡眠時に気を付けるべきポイントは以下の3つ。

 

睡眠時のポイント

  1. 睡眠時間は6~8時間は最低限とる
  2. 毎日寝る時間を出来る限りそろえる
  3. 10時~深夜2時のシンデレラタイムの間に睡眠をとる

中々難しい方もいらっしゃるかと思いますが、睡眠がもたらす肌への影響は思っている以上に凄まじいもの。全てを守らずとも、少しだけでも睡眠と毛穴(お肌)の関係を意識するようにしましょう。

 

(3)今食べている物は、1ヶ月後の毛穴を作る!

ジャンクフードや偏った食生活を続けると、皮脂が過剰に分泌されやすくなり、角栓や毛穴詰まりの原因となります。

  • 油もの…揚げ物・スナック菓子など
  • 添加物…コンビニ・ファストフード
  • 糖質…お菓子・炭水化物など

そして、その食生活がお肌に結果として現れるのは、およそ1ヵ月後。ターンオーバーの周期と同時にあらわになりはじめます。

つまり食生活は1日にしてならず!毎日の食生活により翌月の身体やお肌は作られているため、日々の食生活ではジャンクフードを控える・バランスの良い食事をするなど気を付けましょう。

また、毛穴詰まり対策のためには、皮脂抑制効果のあるビタミンB1ビタミンB2の積極的な摂取も効果的です。

  • ビタミンB1が多い食べ物
    焼きのり、豚肉、ピーナッツ、たらこ、ごま、鶏レバー、玄米
  • ビタミンB2が多い食べ物
    レバー、うなぎ、納豆、まいたけ、卵、いわし、ブリ

 

毛穴詰まり解消法3・美容皮膚科やエステサロンでの治療

毛穴詰まり解消法は自宅ケアのほか、美容皮膚科やクリニックなどの医療機関、エステサロンでの治療方法も存在します。

最後の毛穴詰まり解消方法として、その特徴を紹介していきます。

 

美容皮膚科・エステサロンでの施術内容の違いって?

そもそも美容皮膚科とエステサロンでの施術には大きな差があることをご存知でしょうか。

美容皮膚科は肌トラブルを医学的に治療をする場所、エステサロンは美しい肌を保つためにケアをする場所なので、同じ施術ではあってもそもそも目的が全く違うのです。

また、毛穴詰まり解消の主な治療方法としてケミカルピーリングイオン導入などがありますが、イオン導入は美容皮膚科・エステサロンともに行っている施術ですが、ケミカルピーリングは医療行為のため美容皮膚科でしか施術を受けることができません。

ほかにも、それぞれ施術の価格・成分ともに特徴があります。

 

(1)ケミカルピーリングの特徴

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を使って肌の角質を取り除き、新しい細胞の生まれ変わりを促す治療方法。

毛穴詰まりだけでなく、ニキビ跡の治療シミなどの色素沈着にも有効です。

先にも触れましたが、ケミカルピーリングは医療行為にあたるので美容皮膚科・美容クリニックのみで受けられる施術になります。

 

価格【1回】5,000~10,000円位
通院回数月1~2回(薬剤による)
期間3ヵ月~
特徴 表面の角質が取れる
 ターンオーバー促す
 1回で効果が見えやすい
× 刺激が強い
× 赤み・腫れの可能性
× 通院期間が長い
× 継続コストが高い

 

また、稀にエステでもケミカルピーリングを行っている場所がありますが、美容皮膚科に比べるとかなり弱い薬剤を使用しているため、化粧ノリが良くなる程度の効果です。

ですが、そもそもケミカルピーリングは医療行為。もしケミカルピーリングを検討されている方は、美容皮膚科やクリニックで医師と十分に相談のうえ施術を受けましょう。

 

(2)イオン導入の特徴

イオン導入とは有効成分を顔に塗り、電極を当てて真皮に浸透させる方法です。有効成分をお肌にただ塗るよりも浸透率が何十倍にも上がるため、高い保湿力を発揮します。

また、他の治療に比べると比較的安全、そして副作用もあまりないのが特徴です。

 

価格皮膚科】3,000~10,000円位
エステ】15,000~20,000円位
通院回数1~2週間に1度
治療時間約10分位
期間効果が現れるまで
特徴 有効成分の肌への浸透率が高い
 比較的肌に優しい治療法
 1回で効果が見えやすい
× 複数回通院が必要
× 長く通院するとコストが高い
× 人によって効果に個人差がある

 

有効成分には様々な成分がありますが、なかでも毛穴詰まりに効果的なのはビタミンC誘導体のイオン導入です。

ビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑える効果毛穴を引き締める効果メラニンを抑制する効果などがあります。

また、イオン導入は美容皮膚科・エステサロンともに取扱いのある施術方法ではありますが、比較するとメリットの多い美容皮膚科での治療がおすすめです。

 

美容皮膚科での治療メリット

  • 医療機関なので有効成分を高濃度で取扱いできる
  • 皮膚を医学的に理解している医師がいるため、安全性が高い
  • 1回での効果が実感しやすい
  • エステサロンに比べて価格が安い

 

悪化の原因!角栓の毛穴詰まりNGケア方法

最後に、ターンオーバーを乱し角栓の毛穴詰まりを悪化に繋がるNGケア方法を紹介していきます。

実は毛穴詰まりを悪化させているNG毛穴ケア方法は本当にたくさん存在するのです。

 

(1)朝、水だけで洗顔している

よく、洗いすぎると肌に負担がかかるから朝は水だけで洗顔したほうが良い!と言われていますが、できれば水だけでの洗顔はやめるべきです。

朝に落としたいのは、分泌されて時間が経った皮脂。寝ている間に分泌された皮脂は時間が経つと酸化し、肌の細胞を壊す過酸化脂質になってしまうためです。

もちろん、洗いすぎによるダメージによって皮脂分泌が過剰になってしまっている場合もありますが、朝も夜も正しく優しく洗顔をすれば、そもそも過剰な皮脂は落としてあげた方がよっぽど良いのです。

とはいえ、洗いすぎはダメージになりますので、時間をかけすぎたりゴシゴシと擦るような洗顔はしないよう気を付けましょう。

 

(2)オリーブオイルと綿棒で角栓を押し出す

オリーブオイルをしみこませた綿棒で角栓を取る方法がSNSで話題になっていますが、あまりおすすめできません。

オリーブオイルに角栓を溶かすような性質はなく、むしろオリーブオイルが毛穴に残留することで、新たな毛穴詰まりの原因にもなりかねません。

綿棒とオリーブオイルという家にあるもので簡単にできるというメリットはありますが、一時しのぎにしかならず、長期的に考えると毛穴詰まりを促進させてしまいます。

 

 

(3)爪やピンセットで無理やり角栓を押し出す

ピンセットや爪で無理やり角栓を押し出す方法もずっと昔からありますが、これも毛穴詰まりを促進させてしまいます。

無理やり角栓を取ることは、毛穴にかなりの負担をかけてしまいます。まず取る際に刺激で毛穴が傷つき、炎症が起きてしまいます。それだけなく、刺激がかかるとメラニンが発生するため、毛穴のシミ(メラニン毛穴)の原因にも。

そうすると毛穴が黒ずんだり、傷んだ毛穴はさらに皮脂が過剰分泌されてしまいます。

角栓を無理やり押し出すことで一時的に表面上は綺麗に見えるかもしれませんが、無理やり角栓を押し出すような方法は代償が大きすぎるのです。

 

(4)オロナインパック

オロナインで毛穴詰まりを解消するためのパックもSNSで話題になっていますが、絶対にやってはいけない方法のひとつです。

オロナインには高い殺菌作用があるため、肌のバリア機能を低下させ毛穴を傷ませてしまいます。

すると、角質も上手く排出されなくなり、皮脂分泌も過剰になり、角栓がさらに出来やすくなります。バリア機能が低下しているので、ターンオーバーが上手くいかなくなり、さらに毛穴詰まりを促進させてしまうのです。

「毛穴詰まりが無くなった!」などの口コミも多いですが、それは一時的なものにしかすぎません。

そもそもオロナインは炎症を抑えるため医薬品であり毛穴に塗るものではないのです。

 

 

毛穴詰まり解消のためには、毛穴にもお肌にも嬉しいことを!

毛穴詰まりを解消するためには、正しい知識を持って本質的な毛穴ケアをすることがとても大切です。

本質的な毛穴ケアとは、肌本来の力を取り戻すためにあらゆる面からアプローチし内側からしっかりと毛穴ケアをすること。そうする事で、毛穴はもちろんのこと、肌自体も綺麗になっていくことを知っていただけたのではないでしょうか。

本記事が「毛穴にもお肌にも嬉しいことであるかどうか」を大切に考えるきっかけになり、少しでも毛穴詰まりの悩みから解放される人が増えたら嬉しいです。

≫ あなたにオススメの記事

【後悔する前に必ず読んで欲しい…】毛穴詰まり・黒ずみにオロナイン毛穴パックは危険!真実を紹介

【後悔する前に必ず読んで欲しい…】毛穴詰まり・黒ずみにオロナイン毛穴パックは危険!真実を紹介

【毛穴におすすめ洗顔方法】実は○○での洗顔はNG!?正しい方法で黒ずみをなくそう!

【毛穴におすすめ洗顔方法】実は○○での洗顔はNG!?正しい方法で黒ずみをなくそう!

【いちご鼻改善】黒ずみの原因&毛穴ケア方法まとめ|毛穴レス肌メソッドを紹介♡

【いちご鼻改善】黒ずみの原因&毛穴ケア方法まとめ|毛穴レス肌メソッドを紹介♡

ビタミンC誘導体で毛穴ケア!欠かせない驚きの効果と商品の選び方

ビタミンC誘導体で毛穴ケア!欠かせない驚きの効果と商品の選び方

【メラニン毛穴】黒ずみの原因&改善方法4選|おすすめ毛穴ケア商品も紹介!

【メラニン毛穴】黒ずみの原因&改善方法4選|おすすめ毛穴ケア商品も紹介!